« 成人の日 | トップページ | 厄払い »

2007年1月10日 (水)

ついに書いてしまいました

いつも遊びに来てくれてありがとうございます。

今日は、常々考えていた事を書きたいと思います。

今から述べる内容に不快感を感じたらゴメンナサイ 先に謝ります。

もう半年以上立つと思いますが、動物愛護法が改正されましたよね。

かなりの方がこの改正に賛同し、改正に力を注いだと思います。

これからは、ブリーダーやペットショップ、飼い主等がこの法を

守られる事と思います。 これに関して僕は何の異論もありません。

しかし、ちとまてください ペットは法律上「物」として扱われるんですよね?

事故にあっても死んでも「死」ではなく「物損」なんですよね??

僕にはこのことが納得できません。家族同然のペットが法律上「物」として

扱われるのが納得いきません。 動物愛護法の改正に多くの方が賛同したのに

ペットが「物」として扱われる事に関してあんまり動きがないみたいなんですがぁ

HP探しても動物愛護法の改正の事はいろいろあるのに・・・・

命あるペットに「物」以上の地位をあげよう みたいなHPないんですよね~

飼い主として動物愛護法を守る義務があるならペットに「物」以上の地位が

飼い主の権利でなないのかと いつも考えてしまいます。

あまり勉強もせずに書いてしまいました。 不快な思いをした方ごめんなさい。

「おまえ、何も知らないんだな」って方、コメントよろしくお願いします。

今日はこれでおしまい またね。

|

« 成人の日 | トップページ | 厄払い »

コメント

こんばんは・・・私も全く同感です。
『物』扱いに関しては、本当に腹立たしく思います。
『所有物』から来る『物』なのでしょうが
命あるワンコを『物』としてしか扱われるのは
納得できる事ではありません。
私は家族だと思っていますし、出来れば戸籍に入れて
あげたいくらいです。
しかしながら、最近の乱繁殖業者や悪徳業者への
パッシングは、ひとえにこの改正に目を向け始めた
世の中の変わり目かも知れません。
社会的制裁を加えられても、わずかな罪にしか
問われないようですが、悪い事をすれば
どんな形にせよ、必ず自分に返って来るものです。
でも次から次に、取り上げられてますよね・・悪徳業者。

投稿: サルサと銀太のママ | 2007年1月12日 (金) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成人の日 | トップページ | 厄払い »